×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜地震対策大丈夫ですか?〜
いつ起こるかわからない地震。対策をしておきましょう。
地震についての知識や対応、地震防災グッズ等を紹介。
サイトマップ お問い合わせ

大阪・上町断層

大阪の町をマヒさせる直下型地震

大阪の周辺は断層の集まりで、大阪湾は東西南北すべての活断層で取り囲まれています。

大阪湾の東側に上町断層があります。

上町断層は、大阪の町の直下を縦断しています。大阪市の直下を通り、堺市まで全長約45kmあります。

この断層は、1万年程度の間隔で繰り返していますが、前回の地震から1万5000年以上経っており、いつ起こるのだろうかと疑問が出ています。

もしこの断層で地震が起これば、大阪周辺のあらゆるものがマヒすることは確実です。

大阪の被害想定

大阪府の上町断層についての被害想定を説明します。

上町断層で起こるM7,5の直下型地震として想定しています。

  • 大阪の中心街、豊中市、吹田市、堺市が震度7
  • それらの周辺地域は震度6強
  • 府全体で約28万棟が全壊で、大阪市は5棟に1棟が全壊
  • 大阪市の死者は6712人、負傷者は4万3360人(死者の主な原因は建物の倒壊や火災)
  • 出火は府全体で908件(冬の午後6時の場合)
  • ブロック塀などの倒壊で死者300人(大阪市)

朝の通勤ラッシュ時に地震が起きれば、被害を受ける人の数はとんでもない数字になります。

一方で、この上町断層はいつ地震が起こるかわかりませんので、対策をしておいたほうがよいでしょう。


サイトマップ 当サイトについて リンクについて お問い合わせ
Copyright (C) 2005 地震対策の館 All Rights Reserved.