×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜地震対策大丈夫ですか?〜
いつ起こるかわからない地震。対策をしておきましょう。
地震についての知識や対応、地震防災グッズ等を紹介。
サイトマップ お問い合わせ

大分・別府-万年山断層帯

豊の国は地震の国

大分県は日本が誇る有数の温泉地別府があり、豊の国と呼ばれるところです。

地震も少なくて安穏な地域と思いきや、この地域は地震が繰り返し起こっていた地帯でした。

別府-島原地溝帯と呼ばれる裂け目が九州を南北に裂いていて、大分を東西に貫いています。

東方からは愛媛の佐多岬から、中央構造線が佐賀関半島へと伸びています。

これらの2つが大分の地下でぶつかっているので、度々地震が起こってきています。

別府湾から大分県西部にかけて活断層が帯になっているので、この地域を別府-万年山断層帯と呼んでいます。

大分の被害想定

大分県は別府-万年山断層帯による被害想定を行っていませんので、内閣府の地震被害想定ツールを使って被害想定を説明します。

堀田-朝見川断層と府内断層で、M7の地震を想定しています。夜中に地震が発生した想定です。

  • 鶴崎から大分市街、大分川と大野川流域、別府市の朝見川付近が震度7
  • 別府市、大分市、杵築市の一部で震度6強
  • 木造家屋は約2万棟が全壊、木造以外は約2000棟が全壊
  • 死者は1535人、重傷者は1432人

※液状化、火災、山崩れ、津波などの被害は考慮されていません。

もしそれらの被害が加わると、想定以上の被害になることは確実です。

大分県だけでなく九州は地震が少ないと思われがちですが、日本のどこに地震が起こっても不思議ではありません。

福岡西方沖地震の例もありますから、九州に住んでいる人でも地震の対策をしておくといいでしょう。


サイトマップ 当サイトについて リンクについて お問い合わせ
Copyright (C) 2005 地震対策の館 All Rights Reserved.