×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜地震対策大丈夫ですか?〜
いつ起こるかわからない地震。対策をしておきましょう。
地震についての知識や対応、地震防災グッズ等を紹介。
サイトマップ お問い合わせ

直下型地震

都市の直下で起こる地震が危ない

地震で一番怖いのが、直下型地震ではないでしょうか。

大都市の直下で地震が起きることを、直下型地震と呼んでいますが、これが起きてしまうと大きな被害をもたらすことになります。

近年では、1995年の阪神淡路大震災が直下型地震にあたります。

マグニチュードは7,2だったので、他の巨大地震(M8レベル)よりは規模が比較的小さな地震だったにもかかわらず、犠牲者は6394人と桁違いに多くなりました。

阪神淡路大震災のときは、地震が人口密集地域の下で起こり、「震度6強」や「震度7」となりました。

地震の影響を受けた範囲は比較的に狭かったのですが、多くの被害者を出す結果となりました。

しかも大都市は、電気やガス、上下水道、電話などのライフラインが張り巡らされています。

そのため、これらの機能は地震が起きると同時にマヒ状態に陥り、混乱する元となり、地震の影響は想像以上にひどくなってしまいます。

よって、東京や大阪などの大都市に住んでいる人々は、直下型地震に対して意識を持ち、それなりの対処をしておく必要があります。


サイトマップ 当サイトについて リンクについて お問い合わせ
Copyright (C) 2005 地震対策の館 All Rights Reserved.